【PyCharm】日本語化する方法【Mac・Windows】

PyCharm

この記事では、Mac・Windowsで使っているPyCharmを日本語化する方法を解説します。日本語化しても、あとからデフォルトの英語に戻すことができるので、英語が苦手な方は気軽に日本語化しちゃいましょう!

今回使用した環境

  • Windows 10 Pro
  • MacOS HighSierra バージョン 10.13.6
  • PyCharm Version 2019.3.1

PyCharmを日本語化する方法

PyCharmを日本語化するには、以下の手順で作業します。

  1. プラグインのインストール
  2. プラグインの実行

この2ステップで日本語化することができます。
それでは、早速作業していきましょう!

1. プラグインのインストール

PyCharmの日本語化にはPleiadesというプラグインを使います。このプラグインを使うことで簡単に日本語化することができます。ありがたや☺️

Pleiadesプラグインのサイズは約177MBあります。

それではプラグインをインストールしていきましょう!
※ MacとWindowsでは作業が異なるのでタブを切り替えて読み進めてください。

  • Mac
  • Windows

下記のボタンからダウンロードページを開いてください。

すると下の画像のようなページが開くので「Mac」をクリックします。

Pleiades プラグイン・ダウンロード

ダウンロードが開始されない場合は、現在開いているページにあるリンクをクリックすることでダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルは圧縮されているのでダブルクリックで展開してください。展開したフォルダの中に「setup」というアプリがあるので起動します。

pleiades-mac フォルダ

起動しようとすると「開発元が未確認のため開けません」というダイアログが表示されて起動することができません。

Mac セキュリティ

なので、Macの「システム環境設定」を開いて「セキュリティとプライバシー」をクリックします。下の画像の「このまま開く」をクリックすれば「setup」が開けます。

セキュリティとプライバシー

注意ダイアログは表示されるので「開く」をクリックします。

Mac 注意

下記のボタンからダウンロードページを開いてください。

下の画像のようなページが開くので「Windows」をクリックします。

Pleiades プラグイン・ダウンロード

ダウンロードが開始されない場合は、現在開いているページにあるリンクをクリックすることでダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルは圧縮されているので展開する必要があります。展開するには、ファイルを右クリックして表示されるメニューの「すべて展開」をクリックしてください。

Pleiades-win 展開

下のような画面が出るので右下の「展開」をクリックしましょう。

展開

すると展開されたファイルが表示されるので、そのフォルダ内の「setup.exe」を開きます。

setup.exe

これでPleiadesプラグインが起動できました。

2. プラグインの実行

それでは、先ほど起動したPleiadesプラグインを使ってPyCharmを日本語化します。

起動すると下のような画面が表示されるので選択をクリックしてPyCharmアプリを選択し、日本語化するをクリックしてください。

Pleiades 日本語化プリグインのセットアップ

もし、アプリが見つからない場合は、以下のパスを参考にしてください。

デフォルトの場所

Mac

『/Applications/PyCharm CE.app』

Windows

『C:\Program Files\JetBrains\PyCharm Community Edition 2019.3.1\bin\pycharm64.exe』

完了したら日本語になっているか確認してみましょう!
PyCharmを起動してください。すでに起動してあった場合は再起動してください。

下の画像のように日本語になっていれば無事に作業完了です。

PyCharmへようこそ

Pleiadesプラグインはもう使わないので削除しても問題ありません。

まとめ

この記事では、PyCharmを日本語化する方法を解説しました。
日本語化したPyCharmを使ってバリバリ開発しちゃいましょう!

デフォルトの英語に戻したい場合

  • Pleiadesプラグインによって追加されたファイルを削除する

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

タイトルとURLをコピーしました