AtomをインストールしてPythonを実行してみよう!

Atom

テキストエディタであるAtomをインストールしてPythonのコードを作成・実行してみましょう!

最低限の機能としてAtomに以下のプラグインを追加します。

  • 日本語化
  • Pythonのコード補完機能
  • コードを実行するためのランナー

今回使用した環境

  • MacOS HighSierra バージョン 10.13.6
  • PyCharm Version 2019.3.1

Python3のインストール

この記事ではPythonを実行します。
インストールしてない方は以下の記事を参考にインストールしてください。

【関連】Pythonをダウンロードしてインストールする方法【Mac・Windows】

Atomのインストール

それではAtomをインストールしていきましょう!

下記のURLを開いてください。
Atom

以下のようなページが開いたら「Dowload」をクリックします。

Atom site

ダウンロードしたファイルは圧縮されているので展開しましょう。
※ 「mac」は「ダブルクリック」で、「Windows」は「右クリック > すべて展開」をクリックすれば展開できます。

展開すると「Atom」が表示されるので開いてください。

atom

その際、下の画像のような注意ダイアログが表示されますが「開く」をクリックしましょう。

Atom ダイアログ

これでAtomを開くことができました。

Atom app

このままでもAtomは使えますが普通のテキストエディタと大差ないのでパッケージをインストールして機能を拡張しましょう。

パッケージのインストール

パッケージはAtomのインストーラーからインストールできます。

今回は最低限の機能として「Atomの日本語化「Pythonの補完機能「ランナー」をインストールします。

インストーラーを開く

command + ,(カンマ)で「Settingsページ」が開けます。

Settingsページが開けたらメニューにある「Install」をクリックします。

Atom Settings-Install

インストーラーが開けました。
ここからパッケージをインストールしていきます。

日本語化

それではパッケージをインストールしていきます。

先ほど開いたインストーラーの検索フォームに「japanese-menu」と打ち込み、表示されたパッケージにある「Install」をクリックします。

Atom japanese-menu

クリックするとインストールが開始され、インストールが終わると自動的に日本語化されます。

補完機能

次に補完機能をインストールします。

autocomplete-python」と打ち込んで表示されたパッケージにある「Install」をクリックします。

Atom autocomplete-python

そして「Kite」をダウンロードします。

下記のURLからページを開いて「Download Now-It’s Free」をクリックしてください。
Kite

kite

ダウンロードが開始されるので、そのページの指示に従ってインストールしてください。

ランナー

最後にランナーをインストールします。これは、作成したファイルを実行するためのパッケージです。実行できる言語は、「JavaScript, CoffeeScript, Ruby, Python, Go, Bash and PowerShell」です。

atom-runner」と打ち込んで、表示されたパッケージにある「Install」をクリックします。

Atom atom-runner

インストールが完了したらランナーの設定をします。
「atom-runner」は、デフォルトでは「Pyhton2系」としてコードを実行するので、「Python3系」として実行できるようにします。

メニューの「Atom」 > 「環境設定」をクリックしてください。

すると下の画像のような「config.cson」が表示されます。

ここに以下のコードを追加して保存してください。
※ 保存は、Mac「commandキー + sキー」Windows「ctrlキー + sキー」

runner:
    scopes:
        python: "Python3"

これで設定できたので、一度Atomを終了させましょう。

Pythonファイルの作成・実行

それでは、Atomを使って簡単なPythonファイルを作成・実行してみましょう。

1.  Atomを起動

パッケージをインストールしてから一度も終了してないなら再起動させましょう。

2. 新規ファイルの作成

commandキー」+「Nキー」を実行すると新規ファイルを作成できます。

3. ファイルの保存

Pythonファイルであることを認識させるために一度保存します。
※ 保存は、Mac「commandキー + sキー」Windows「ctrlキー + sキー」

ここではファイル名を「test.py」にして、あとで削除しやすいようにデスクトップに保存しました。

4. コーディング

コードが補完されるか確認してみましょう!

auto-complete-python

しっかり予測変換が表示されコードが補完することができました。

5. 実行

書いたコードを実行します。
コードを下のように書き換えてください。

print('Hello World')

書き換えたら「Ctrlキー」+「Rキー」を押してください。すると、実行結果が下に表示されます。

atom-runnner

上の画像のように「Hello World」が出力されます。

まとめ

これでAtomでコードを書いて実行することができるようになりました。

このように、パッケージをインストールすることでAtomの機能を拡張することができます。しかし、拡張しすぎると重くなってしまうのでほどほどにしておきましょう。

コードを書く準備ができたので次にPythonの構文を学びましょう。

タイトルとURLをコピーしました