【Python】リテラルとは?

Python

この記事では、Pythonのリテラルについて解説します。Pythonのリテラルと言いましたが、他の言語と大差はありません。

リテラルとは?

リテラルとは、ソースコードに直接記述された値のことです。書き込まれた値を直接書き換えないと値が変わらない事から「定数」とも呼ばれます。

リテラルには「文字列リテラル」と「数値リテラル」があります。

それでは1つずつ見ていきましょう!

文字列リテラル

文字列リテラルとは、その名の通り「文字列」の「リテラル」です。
コードで表すと以下のようになります。

print('あべし')

「’あべし‘」が文字列リテラルとなります。

文字列について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

【Python】文字列の使い方 【str型】【Python】文字列の使い方 【str型】

数値リテラル

数値には、以下のようなリテラルが存在します。

  • 整数リテラル
  • 浮動小数点数リテラル
  • 虚数リテラル

また「-」などの符号は数値リテラルに含まれません。
例えば「-1」は「1」がリテラルで「-」は単項演算子です。

コードで表すと以下のようになります。

# 整数リテラル(1)
print(1)
print(-1)

# 浮動小数点数リテラル(3.14)
print(3.14)

# 虚数リテラル(2.71j)
print(2.71j)

数値について詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてください。

Pythonの数値を扱って演算をしてみよう!Pythonの数値を扱って演算をしてみよう!

まとめ

この記事では、Pythonのリテラルについて解説しました。

リテラルは、「ソースコードに直接記述された値」ということさえ覚えておけば問題もありません。

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

タイトルとURLをコピーしました