【統合開発環境】PyCharmをインストールする方法

PyCharm

この記事では、統合開発環境であるPyCharmをインストールして、使いやすいように最低限の設定をしていきます。

統合開発環境を使ってプログラミングを効率化しましょう!

使用した環境

  • Windows 10 Pro
  • MacOS HighSierra バージョン 10.13.6
  • PyCharm Version 2019.3.1

PyCharmを使用するには「Python」が必要不可欠です。インストールしてない方はインストールしてください。
Mac Windows

PyCharmのインストール

それではPyCharmをインストールしていきましょう。
※ MacとWindowsでは手順が異なるのでタブを切り替えてください。

  • Mac
  • Windows

それでは、MacにPyCharmをインストールします。
下記のリンクをクリックしてダウンロードページを開いてください。

ダウンロード PyCharm:JetBrainsによるプロの開発者向けのPython IDE

ページを開いたら、下の画像の青色で囲まれた場所が「Mac」になっているか確認し、赤色で囲まれた場所の「ダウンロード」をクリックしてください。

PyCharmダウンロード画面

ダウンロードが開始されるので終わるまで待ちましょう。


ダウンロードが完了したらそのファイルを開きます。

開く

インストーラーが開かれるので「PyCharm CE」をドラッグして「Applicationsフォルダ」にドロップしましょう。

ドラッグ&ドロップ

コピーが開始されるので完了するまで待ちます。


コピーが完了したら「LaunchpadLaunchpad」に「PyCharmPyCharm logo」があるか確認してみましょう。

Launchpad

確認できればインストール完了です。

デスクトップにある「インストーラーinstaller」は、もう必要ないので削除しても構いません。

それでは、WindowsにPyCharmをインストールしていきます。
下記のリンクをクリックしてダウンロードページを開いてください。

ダウンロード PyCharm:JetBrainsによるプロの開発者向けのPython IDE

ページを開いたら、下の画像の青色で囲まれた場所が「Windows」になっているか確認し、赤色で囲まれた場所の「ダウンロード」をクリックしてください。

PyCharm ダウンロード画面

ダウンロードが開始されるので終わるまで待ちましょう。


ダウンロードが完了したらそのファイルを開きます。

開く

開くとユーザーアカウント制御が出ますが「はい」をクリックしましょう。

ユーザーアカウント制御

PyCharmのインストーラーが起動するので順番に設定していきます。

最初の項目ですが、特に設定することは無いので「Next」をクリックしましょう。

Welcome to PyCharm Community Edition Setup

インストールする場所を設定できます
特に指定が無いならそのままで大丈夫なので「Next」をクリックしましょう。

Choose Install Location

インストール時のオプションを設定できます。
詳細は下に記述するので必要なものにチェックを入れて「Next」をクリックしましょう。

Installation Options

  • 64-bit launcher:デスクトップにショートカットを作成します。
  • Add launchers dir to the PATH:ランチャーディレクトリをPATHに追加します
  • Add “Open Folder as Project”:「プロジェクトとしてフォルダーを開く」を追加する
  • .py:拡張子.pyにPyCharmを関連付ける

※ チェックは1つもしなくても問題ありません。

プログラムのショートカットを作成するフォルダを選択します。
特に指定がなければそのままで大丈夫なので「Install」をクリックしてください。

Choose Start Menu Folder

インストールが開始されるので終わるまで待ちましょう。
終わったら自動的に次の項目に進みます。

Installing

これでインストールが完了しました!

「Finish」をクリックしましょう。
Run PyCharm Community Editionにチェックを入れるとFinishをした際にPyCharmが起動します。

Completing PyCharm Community Edition Setup

最初にダウンロードした「インストーラー(pycharm-community-2019.3.1.exe)」はもう必要ないので削除しても構いません。

それでは、インストールされているか確認してみましょう。

Windowsの画面の左下にある「Windowsの検索」に「pycharm」と入力してみましょう。

下の画像のように「PyCharm Community Edition」が確認できればインストール完了です。

確認できれば正常にインストールされています。

初めての起動

PyCharmは「初回起動時」に限り設定画面が開かれます。

それでは、先ほどインストールしたPyCharmを起動してください。
Macの方は、注意ダイアログが表示されるかもしれませんが「開く」をクリックしましょう。

Mac 注意

以下のような画面が表示されますが、Do not import settingsにチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

Import PyCharm Settings From...

すると設定画面が表示されます。

左下にある「Skip Remaining and Set Default」をクリックしてください。
これをクリックすることにより残りの設定をデフォルトに設定できます。

Customize PyCharm

初期設定が終わりPyCharmが起動しました。

日本語化

PyCharmはデフォルトでは英語で記述されています。

簡単に日本語化できるのでしたい方は下記の記事を参考にしてください。

【PyCharm】日本語化する方法【Mac・Windows】【PyCharm】日本語化する方法【Mac・Windows】

最低限の設定

設定を変更して使いやすくします。

初期画面が表示されない

PyCharmを起動すると、前回使用していたプロジェクトから再開してしまいます。これがなんとも不便なので設定で変更しましょう!

PyCharmを起動して、右下にある「構成」をクリックし、「設定」をクリックします。

構成-設定

設定画面が開くので、「外観 & 振る舞い > システム設定」をクリックし、表示された設定画面内の「スタートアップ時に使用したプロジェクトを再開する」のチェックを外します。

新規プロジェクトの設定

仕上げに右下にある「適用」をクリックしてから「OK」をクリックして設定完了です。

これで、PyCharm起動時にスタート画面が表示されるようになりました。

まとめ

この記事では、統合開発環境であるPyCharmをインストールする方法を解説しました。

初めて僕がPyCharmをインストールした時も「おお!これが無料で使えるのか!?」と感動しました。皆さんも統合開発環境(IDE)を使って楽しく開発しましょう!

PyCharmをインストールしたら、今度はプロジェクトを作成していきましょう!

【PyCharm】新規プロジェクトを作成してコードを実行する【PyCharm】新規プロジェクトを作成してコードを実行する
タイトルとURLをコピーしました