Python

【Python】モジュールの格納場所を確認する

この記事では、Pythonでモジュールの格納場所を確認する方法を解説します。

Pythonでプログラミングしているとモジュールをよく使いますが、モジュールがどこに格納されているか忘れてしまうことが多々あります。

そんな時はinspectモジュールを使ってモジュールの格納場所を確認してみましょう!

確認方法

それでは、実際にモジュールの格納場所を確認してみましょう!

書式

モジュールの格納場所を確認するにはinspectモジュールのgetfileメソッドを使います。

import inspect

inspect.getfile(オブジェクト)

引数

引数には、オブジェクトを指定します。オブジェクトが組み込みモジュール、クラス、関数の場合は、TypeError例外が発生します。

戻り値

ファイルの名前(パス)が文字列で返されます。

サンプル

試しに、numpyモジュールがどこに格納されているか確認してみましょう!

import inspect
import numpy

print(inspect.getfile(numpy))

実行結果

/Users/user/.pyenv/versions/3.9.0/lib/python3.9/site-packages/numpy/__init__.py

僕の環境ではpyenvを使っているのでその中にnumpyが格納されているのがわかりました!

まとめ

この記事では、モジュールの格納場所を確認する方法を解説しました。

inspectモジュールのgetfileメソッドを使うことで簡単にモジュールの格納場所を確認することができました。
格納場所を忘れてしまった場合は、コード内から確認してみてはいかがでしょうか?

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

参考inspect — 活動中のオブジェクトの情報を取得する — Python 3.9.1 ドキュメント

【おすすめ】Python参考書

一冊目におすすめ

created by Rinker

プログラミング初心者の方向き。とても優しい内容になっています。

二冊目におすすめ

created by Rinker

他言語を学んだことある方や中級者にスキルアップを目指している方向けです。

ゲーム開発に興味があるなら

created by Rinker

本書では基礎を学びながらゲームを作っている雰囲気を味わうことできます。