Python

【Python】文字列リテラルについて

この記事では、Pythonの文字列リテラルについて解説します。リテラルとは、ソースコードに直接記述された値のことです。つまり、文字列リテラルとは、ソースコードに直接記述された文字列ということです。では、使い方を見ていきましょう!

文字列リテラルとは

文字列リテラルとは、その名の通り「文字列」「リテラル」です。「シングルクォート(‘)」、または「ダブルクォート(“)」で囲んで表現します。

s = "文字列です"

文字列ですが文字列リテラルとなります。

また、「シングルクォート(‘)」、または「ダブルクォート(“)」3で囲むことで、複数行文字列を表現することができます。

s = '''あいうえお
かきくけこ
さしすせそ'''
print(s)

実行結果

あいうえお
かきくけこ
さしすせそ

文字列リテラルは、隣接して記述することで、結合させることが可能です。

s = 'Hello' "World"
print(s)

実行結果

HelloWorld

エスケープシーケンス(特殊文字)

エスケープシーケンスとは、改行やタブなどの普通では表現できない文字を使用するための記述方法です。例えば、以下のようなものがあります。

\n 改行
\t タブ
\’ シングルクォーテーション
\” ダブルクォーテーション

他にもたくさん用意されています。気になる方は以下のリンクを参照してください❗️

参考文字列およびバイト列リテラル – 字句解析 — Python ドキュメント

サンプル

試しにエスケープシーケンスを含んだ文字列を出力してみます。

s = '\tHello\n\tWorld'
print(s)

実行結果

	Hello
	World

このように、エスケープシーケンスを使うことで、文字列中に改行やタブを記述することができます。

文字列中のクォーテーション

文字列リテラルとして使用していないクォーテーションを文字列中に記述することで、エスケープシーケンスを使わずともクォーテーションを記述できます。

print('a"b"c')
print("d'e'f")

実行結果

a"b"c
d'e'f

プレフィックス(接頭辞)

文字列リテラルにプレフィックスを付けることで、色々な効果をもたらすことができます。それでは、1つずつ見ていきましょう。

バイト列リテラル

b、またはBを付けることで、バイト列リテラルとして扱うことができます。

b = b'Hello'
print(b, type(b))

実行結果

b'Hello' <class 'bytes'>

エスケープの無効

r、またはRを付けることで、バックスラッシュをリテラル文字として扱います。なので、エースケープシーケンスが通常の文字として扱われます。

s = r'\tHello\n\tWorld'
print(s)

実行結果

\tHello\n\tWorld

フォーマット済み文字列リテラル

f、またはFを付けることで、フォーマット済み文字列リテラルとして扱います。値を文字列に埋め込む際に便利です。

x = 4
y = 7

s = f'{x} * {y} = {x * y}'
print(s)

実行結果

4 * 7 = 28
【Python】文字列に値を埋め込む【フォーマット】この記事では、Pythonの文字列中に値を埋め込む方法を解説します。値を文字列に埋め込むことで、文字列を整形しながら出力することができま...

まとめ

この記事では、Pythonの文字列リテラルについて解説しました。

リテラルのくせに(?)結構できることが多いんですね〜☺️

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』