Python

【Python】Kivyのインストール【Mac・Windows】

この記事では、Kivyをインストールする方法を解説します。

Kivyは、GUIアプリケーションを作成するためのフレームワークです。Kivyを使うことで、簡単にGUIアプリを作成することができます。

GUIとは、Graphical User Interface(グラフィカル ユーザ インターフェース)の略で、グラフィックを使ったユーザーインターフェースのことです。直感的に操作できて誰でも使いやすいので、アプリは大体GUIで作られます。

ちなみにCUIというものもあって、Character User Interface(キャラクタ ユーザ インタフェース)の略です。こちらは文字を使ったユーザーインターフェースのことで、ターミナルとかコマンドプロンプトような感じです。

ではでは、Kivyをインストールし、GUIアプリを作る準備をしていきましょう❗️

pipのセットアップ

KivyはPythonで作られているため、使用するにはPythonが必須となります。

Python - インストール この記事では、Pythonをインストールする方法を解説します。Pythonは簡単にインストールすることができます。では、チャチャ...

次に、以下のコマンドをターミナル、またはコマンドプロンプトで実行して、pipやその他諸々を最新バージョンにしておきます。

python -m pip install --upgrade pip setuptools virtualenv

仮想環境を作成する

今回は、仮想環境にKivyをインストールします。

仮想環境を作成することで、プロジェクト毎にPythonのバージョンやパッケージを独立させることができます。

この作業は任意ですが、Kivyプロジェクトを作成する際は、仮想環境を用意する方が安全です

例として、ターミナル(コマンドプロンプト)からデスクトップにフォルダを作成し、そこに仮想環境を作成します。

ターミナル、またはコマンドプロンプトを起動してください。

デスクトップに移動

cdコマンドを使ってデスクトップに移動します。

cd Desktop/

フォルダの作成

mkdirコマンドを使ってフォルダを作成します。

mkdir test_kivy

ついでに、作成したフォルダに移動。

cd test_kivy

仮想環境の作成

作成したフォルダ内に仮想環境を作成。

python -m virtualenv kivy_venv

上記コマンドを実行するとフォルダ内に「kivy_venv」が作成されます。

【Python】仮想環境の使い方【venv】この記事では、Pythonのvenvの使い方を解説します。venvを使うことで、簡単に仮想環境を作ることができます。仮想環境は、独立したPython環境を作成することができ、プロジェクト毎にパッケージの導入を管理したりできます。それでは、venvの使い方を見ていきましょう!...

仮想環境をアクティブ化

仮想環境は、作成しただけでは適用されないのでアクティブ化します。この作業はターミナルを再起動する度に実行する必要があります。

「kivy_venv」を作成したフォルダ内で以下のコマンドを実行します。

Windows

kivy_venv\Scripts\activate

Mac

source kivy_venv/bin/activate

行の先頭に(kivy_venv)と表示されていればアクティブ化できています。

Kivyをインストールする

それでは、Kivyをインストールしましょう!

仮想環境をアクティブにしたまま、以下のコマンドを実行することで、仮想環境内にKivyをインストールすることができます。

python -m pip install kivy[base] kivy_examples

上記コマンドは、Kivyの最小限の依存関係をインストールします。

オーディオやビデオをサポートするKivyを追加でインストールする場合は「kivy[base,media]」を使ってください。

他にもいろいろあるので必要な機能があれば追加しましょう!

LinkInstalling Kivy’s dependencies

簡単なコードを実行してみる

これでKivyをインストールできたので、簡単なコードを実行してみましょう❗️

先ほど作成した「test_kivyフォルダ」に以下のような「main.py」を作成します。

main.py

from kivy.app import App

App().run()

作成したら保存し、ターミナル(コマンドプロンプト)からmain.pyを実行します。

python main.py

以下のように、空画面が表示されたらKivyは正常にインストールされています。

Windowsの場合、以下のようなエラーが発生することがあります。

この場合は、main.pyに以下のコードを追記します。

import os
os.environ ['KIVY_GL_BACKEND'] = 'angle_sdl2'

from kivy import Config
Config.set('graphics', 'multisamples', '0')

参考Kivy Fatal Error Minimum Required OpenGL version(2.0) NOT found! OpenGL version detected:1.1 の対策

コードを追記したら保存して再度main.pyを実行してください。すると、以下のように空画面が表示されたかと思います。

これでKivyが正常にインストールされていることを確認できました!

まとめ

この記事ではMac・WindowsにKivyをインストールする方法を解説しました。

これで開発環境は整ったので色々試して遊んでみてください!
公式チュートリアルではちょっとしたゲームを作成しています。

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』