Python

【Python】プロパティの定義と使い方を解説

この記事では、Python のプロパティの使い方を解説します。

プロパティとは、クラスに定義したインスタンス変数を取得・代入・削除する際、何かしらの処理を加えたいなぁ と思った時に使う機能です。プロパティを実装することで安全で誰でも使いやすいクラスを実装することができます。

それでは、プロパティの使い方を見ていきましょう!

プロパティとは?

プロパティとは、クラス外部からはインスタンス変数のように使用でき、クラス内部ではメソッドのように実装した属性のことです。

つまり、インスタンス変数にアクセスする際にメソッドを通したい(何かしらの処理を加えたい)場合に使います。

通常のメソッドを使うことでも実装することができますが、いちいちメソッドを呼び出さなければならないので使いづらいですね😭

プロパティには、値を取得するためのgetter(ゲッター)、値をセットするためのsetter(セッター)、値を削除するためのdeleter(デリーター)があります。

メソッドを使って実装してみると以下のような感じになります。

クラスの定義:

class MyClass:

    def __init__(self, x):
        self._x = x

    # getter
    def get_x(self):
        print('get_x')
        return self._x

    # setter
    def set_x(self, x):
        print('set_x')
        self._x = x

    # deleter
    def del_x(self):
        print('del_x')
        del self._x

インスタンス化・アクセス:

mc = MyClass(1)
print(mc.get_x())
# get_x
# 1

mc.set_x(100)
# set_x

print(mc.get_x())
# get_x
# 100

mc.del_x()
# del_x

print(mc.get_x())
# get_x
# AttributeError: 'MyClass' object has no attribute '_x'

プロパティを実装することで、もっとシンプルに扱えるようになります。

プロパティの実装

プロパティを実装するには「property()を使う方法」「propertyデコレータを使う方法」があります。

property()を使う

propertyクラス のコンストラクタは、以下の引数をとります。

property(fget=None, fset=None, fdel=None, doc=None)

fget には getter、fset には setter、fdel には deleter として使用する関数を渡します。doc には docstring を指定します。

doc には簡単にプロパティの説明を書いておけばOKです

試しに、先ほどのコードを property() を使って書き直すと以下のようになります。

クラスの定義:

class MyClass:

    def __init__(self, x):
        self._x = x

    # getter
    def get_x(self):
        print('get_x')
        return self._x

    # setter
    def set_x(self, x):
        print('set_x')
        self._x = x

    # deleter
    def del_x(self):
        print('del_x')
        del self._x

    x = property(get_x, set_x, del_x, 'x property.')

インスタンス化・アクセス:

mc = MyClass(1)
print(mc.x)
# get_x
# 1

mc.x = 100
# set_x

print(mc.x)
# get_x
# 100

del mc.x
# del_x

print(mc.x)
# get_x
# AttributeError: 'MyClass' object has no attribute '_x'

mc.x で getter、mc.x = 100 で setter、del mc.x で deleter が呼び出されています。

propertyクラス のインスタンス名がプロパティ名となります。以下のようにインスタンス名を y にしたら mc.y でアクセスします。

class MyClass:

    # 省略...

    # インスタンス名をyに変更
    y = property(get_x, set_x, del_x, 'x property.')


mc = MyClass(1)
print(mc.y)
# get_x
# 1​

propertyデコレータ

getter、setter、deleterとして扱いたいメソッドに、propertyデコレータを付与することでプロパティを実装できます。

先ほどのコードをpropertyデコレータを使って書き直すと以下のようになります。

class MyClass:

    def __init__(self, x):
        self._x = x

    # getter
    @property
    def x(self):
        '''x property'''
        print('get_x')
        return self._x

    # setter
    @x.setter
    def x(self, x):
        print('set_x')
        self._x = x

    # deleter
    @x.deleter
    def x(self):
        print('del_x')
        del self._x
ポイント
  • @propertyデコレータ は、付与されたメソッドの名前(ここでは x)をそのまま使って、読み出し専用属性の getter とする
  • setterには「@getter名.setter」、deleterには「@getter名.deleter」を付与します
  • setter と deleter のメソッド名は、getter と同じに名前にする

プロパティの機能を制限する

それぞれのプロパティの実装を省略することで、機能を制限することができます。例えば、getterのみを実装することで読み出し専用のプロパティを定義できます。

property()

property()の引数を省略することで、機能を制限できます。

クラスの定義:

setter と deleter を実装していないので読み出し専用のプロパティとなる。

class MyClass:

    def __init__(self, x):
        self._x = x

    # getter
    def get_x(self):
        print('get_x')
        return self._x

    x = property(get_x)

インスタンス化・アクセス:

mc = MyClass(1)
print(mc.x)
# get_x
# 1

mc.x = 100
# AttributeError: can't set attribute

setterは実装していないので、値をセットしようとするとエラーが発生しました。

propertyデコレータ

特定のデコレータを付与しなければ機能を制限できます。(getterは省略不可)

class MyClass:

    def __init__(self, x):
        self._x = x

    # getter
    @property
    def x(self):
        print('get_x')
        return self._x

まとめ

この記事では Python のプロパティの使い方を解説しました。

プロパティを使うことで扱いやすいクラスを実装することができました。インスタンス変数にアクセスする際になにか処理がしたいならプロパティを使いましょう❗️

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ