Python

【Python】ソースコードを書いてCUIから実行してみよう【Hello world】

この記事では、Pythonの簡単なソースコードを書いてターミナルやコマンドプロンプトなどのCUI(キャラクタユーザインターフェイス)から実行する方法を解説します。実行するとソースコードの内容によって様々ことができますが、ここではコマンドラインに定番の「Hello world」を出力させます。

ディレクトリの作成

まずは、今回作業するディレクトリを作成します。右クリックで作成しても問題ありませんが、どうせならCUIを使って作成していきましょう!

CUI(キャラクタユーザインターフェイス)とは、全ての操作を文字(コマンド)を使って行う画面のことを言います。あのパソコン詳しい人が使っていそうな真っ黒な画面のことです。

Macにはターミナル、Windowsにはコマンドプロンプトが用意されています。

ターミナル(Mac)
コマンドプロンプト(Windows)

そいでは、CUIを使ってディレクトリを作成していきましょう。

CUI起動

まずはCUI起動します。

起動方法はこちらの記事を参照してください → ターミナルコマンドプロンプト

カレントディレクトリの移動

今現在いる(作業している)ディレクトリのことをカレントディレクトリと言います。CUI起動時、ログインユーザーのディレクトリがにいるのでデスクトップへ移動します。

以下のコマンドをCUIに記述してEnterで実行してください。

cd Desktop

すると、デスクトップへ移動することができます。

ディレクトリの作成

ではディレクトリを作成します。以下のコマンドを実行してください。

mkdir Python

すると、デスクトップにPythonという名前のディレクトリが作成されます。

ソースコードの作成

次に、ソースコードを作成していきますが、お使いのテキストエディタがある方はそちらを使っても構いませんが、ない方は標準で用意されているツールを使いましょう!

この作業はOSごとに異なるので使用するOSのタブをクリックして読み進めてください。

Mac

Macではviを使って作業してきます。viとは、UNIX環境に標準で搭載されているテキストエディタです。

Pythonディレクトリへ移動

まずは先ほど作成したPythonディレクトリに移動します。

cd Python

ファイルの作成

移動したらviコマンドでファイルを作成します。

vi hello.py

すると、以下のようにviが起動します。

ソースコードを書く

viを使ってソースコードを書いていきますが、viはキーボードやコマンドを駆使して使う特殊なテキストエディタです。挿入モードと編集モードを切り替えて使います。

初めは編集モードになっているので「iキー」を押して挿入モードにします。

挿入モードになったら以下のコードを打ち込みます。

print('Hello world')

保存

作成したソースコードを保存します。保存は編集モードからします。編集モードに移行するには「escキー」を押します。

編集モードに移行したら「shiftキー」 + 「zz」を押します。ファイルが保存され、viが終了します。

以下のようなPythonファイルを作成することができました。

Windows

Windowsでは、標準で使用できるメモ帳を使います。

メモ帳の起動

メモ帳を起動するには画面左下の検索フォームを使うと簡単です。「めもちょう」と打ち込めばアプリが表示されるのでクリックして起動しましょう!

ソースコードの作成

メモ帳が起動したら以下のようにコードを記述します。

print('Hello world')

保存

作成したコードをPythonディレクトリに保存します。

ウィンドウ左上のファイル名前を付けて保存をクリックしてください。

Pythonディレクトリを選択して、ファイルの種類を「すべてのファイル」に変更し、ファイル名を「hello.py」と打ち込んで保存します。

これでPythonファイルを作成することができました。

ソースコードを実行

それでは、作成したソースコードをCUIから実行してみましょう!

Pythonディレクトリへ移動

cdコマンドを使ってPythonディレクトリへ移動してください。

cd 移動するディレクトリ名

ソースコード実行

ソースコードを実行するには、pythonコマンドを使って以下のように記述し、Enterキーで実行します。

python hello.py

実行すると以下のように「Hello world」が出力されました!

ターミナル(Mac)
コマンドプロンプト(Windows)

まとめ

この記事では、Pythonのソースコードを作成し、CUIから実行する一連の流れを見てきましたがいかがだったでしょうか?

これであなたはPythonプログラマーとしての第一歩を踏み出しました!

これからどしどしプログラムを作成し、実行して遊んでみましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』