Python

【Python】__pycache__ディレクトリについて解説

この記事では、Pyhtonを使って開発をしているといつの間にか勝手に作成されている__pycache__ディレクトリについて解説します。結論から言ってしまえば、コンパイル済みのモジュールのキャッシュなので気にする必要はありません。

__pycache__ディレクトリとは?

__pycache__ディレクトリは、キャッシュを保存しておくためのディレクトリです。ちなみに読み方は「パイキャッシュ」です。

Pythonではモジュールの読み込みを高速化するため、実行時にコンパイルしたモジュールを__pycache__ディレクトリにキャッシュしておきます。

つまり、自作したモジュールをimportし、実行することで__pycache__が自動的に作成され、コンパイル済みのモジュールをキャッシュしといてくれるですね。

例えば、以下の画像はtest.pyからmodule1.pymodule2.pyを読み込んだ場合の__pycache__です。

実行するとこんな感じで自動的にキャッシュが作成されます。

作成されるファイルは、モジュール名.バージョン.pycという名前で生成されます。例えば、モジュール名がhello.pyで、CPythonのバージョンが3.9だとすると__pycache__/hello.cpython-39.pycとしてキャッシュされます。

ちなみに、モジュールのソースコードを変更するとコンパイル済みのものと変更日時を比較し、再コンパイルが必要かどうかを判断しています。

キャッシュを作成したくない場合

Pythonコード実行時に-Bオプションを付けてやることでインポート時に.pycファイルの書き込みを禁止することができます。

コマンドライン

python -B test.py

実行しても.pycファイルもとい__pycache__ディレクトリが作成されませんでした。

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』