Python

【Python】配列の種類と特徴【コレクション】

この記事では、Pythonの配列の種類と特徴について解説します。配列とは、データの塊のことを言い、1つの変数で複数のデータを取り扱うことができます。Pythonには複数の配列が用意されていて、それぞれ異なった特徴を持ちます。それでは、Pythonの配列について見ていきましょう!

配列とは?

配列とは、1つの変数で複数のデータを管理できるデータ型のことを言います。

例えば、以下のような複数のデータを配列で書き直してみましょう。

item1 = 'やくそう'
item2 = 'どくけしそう'
item3 = 'キメラのつばさ'

配列を使うことで以下のように複数のデータを1つの変数にまとめることができました。

items = ['やくそう', 'どくけしそう', 'キメラのつばさ']

このように、同じ用途で使用するようなデータは、配列で1つにまとめておいた方が管理がしやすくなります。

また、for文を使うことでまとめて処理することもできます。

items = ['やくそう', 'どくけしそう', 'キメラのつばさ']

for item in items:
    print(item)

実行結果

やくそう
どくけしそう
キメラのつばさ

ただし、一口に配列と言ってもどれも様々な特徴を持っています。なのでこの記事では、Pythonに用意されている配列の種類と簡単な特徴を学んでいきましょう!

配列らへんの用語

配列まわりで使われる用語には、紛らわしいものが結構あります。なので、ゴチャゴチャにならないように少し整理しておきましょう❗️

コレクション、コンテナ 複数のデータを扱える型のこと。配列と同義。
要素 コレクション中のデータのこと。
シーケンス 順番を持った複数のデータを扱う型のこと。
インデックス(添字) シーケンスの要素1つずつに割り振られた番号。
イテラブルオブジェクト 反復可能なオブジェクト。for文で要素を1つずつ取り出せる。
イテレータ イテラブルオブジェクトから生成されたオブジェクト。要素を1つずつ取り出せる。

Pythonの配列の種類

Pythonには以下のような配列が用意されています。

型名 初期化 特徴
リスト l = [1, 2, 3] 汎用性抜群
タプル t = (1, 2, 3) 要素を追加・変更できない
辞書 d = {‘a’: 1, ‘b’: 2} 連想配列
セット s = {1, 2, 3} 集合

それでは、それぞれの配列の特徴と簡単な使い方を見ていきましょう!

list: リスト

リストは汎用性の高い配列です。

要素の追加・変更・削除が可能で、色々な場面で使われます。

リストの特徴

簡単なコード

# リスト生成
l = []

# 要素の追加
l.append('hoge')
l.append('moge')
l.append('hage')

# 要素の削除
l.remove('hage')

# 要素を1つずつ出力
for element in l:
    print(element)

実行結果

hoge
moge
【Python】リストの使い方【list】この記事では、Pythonのリスト(list)の使い方を解説します。リストは、要素の追加・変更・削除が行え、汎用性が高いシーケンスの1つです。最もよく使用されるコレクションなのでしっかり学んでいきましょう。それでは、リストの使い方を見ていきましょう!...

tuple: タプル

タプルは、要素を追加・削除・変更することができない配列です。

関数の戻り値として複数の要素を一時的に1つにまとめたい場合などでよく使われます。

タプルの特徴

簡単なコード

def func():
    # タプルを用いることで複数の要素を返せる
    return (1, 2, 3)

# アンパックして受け取る
v1, v2, v3 = func()

# 出力
print(v1)
print(v2)
print(v3)

実行結果

1
2
3
【Python】タプルの使い方【tuple】この記事では、Pythonのtuple(タプル)の使い方を解説します。タプルは、異なったデータ型の集まりを格納できるシーケンスです。しかし、要素を変更することはできません。それでは、タプルについて見ていきましょう!...

dict: 辞書

辞書はkeyにvalueを対応付けて管理する少し特殊な配列です。

keyにvalueを対応付けるためインデックスからではなく、keyから要素にアクセスできます。このような配列を「マップ」「連想配列」と呼んだりします。

辞書の特徴
  • keyとvalueで1つの要素
  • マッピング型である
  • 並びを保持しない Python3.7から並びを保持するようになった
  • 連想配列や連想記憶、マップなどと呼ばれたりする

簡単なコード

# 辞書の生成
d = {}

# 要素の追加(dict[key] = value)
d['key1'] = 'value1'
d['key2'] = 'value2'
d['key3'] = 'value3'

# 要素の削除
del d['key3']

# 出力
print(d['key1'])
print(d['key2'])

実行結果

value1
value2
【Python】辞書の使い方【dict】この記事では、Pythonの辞書の使い方を解説します。辞書はマップとも呼ばれ、keyとvalueの2つの値を用いて扱われます。では、辞書...

set: セット

セットは、重複する要素を持てない配列です。

主に集合演算に使われたり、重複する要素を取り除くために使われます。

セットの特徴

簡単なコード

vals1 = {1, 2, 3}
vals2 = {2, 3, 4}

# 和集合
print(vals1 | vals2)  # {1, 2, 3, 4}

# 積集合
print(vals1 & vals2)  # {2, 3}

# 差集合
print(vals1 - vals2)  # {1}

# 対象差集合
print(vals1 ^ vals2)  # {1, 4}
【Python】セットの使い方と集合演算【set(集合)】この記事では、Pythonのset(セット)の使い方を解説します。セットを使うことで重複している要素を取り除いたり、集合演算することがで...

まとめ

この記事では、Pythonの配列の種類と簡単な使い方を解説しました。

配列を使うことで、複数のデータをまとめて管理できるようになりました。配列はよく使うオブジェクトなので、しっかり覚えておいてください❗️

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』