Python

【Python】変数の使い方

この記事では、Pythonの変数について解説します。プログラミングでは、変数にデータを対応付けて扱うことができます。変数にデータを対応付けることで、何度も繰り返し呼び出すことが可能となります。では、変数の使い方を見ていきましょう❗️

変数とは?

変数とは、「データを保存してある場所に付ける名前」です。

変数にデータを代入すると、代入されたデータを保管できるだけの領域をメモリ内から確保し、データを保管します。この時、変数がデータの保管されている場所と紐付けられることで、変数を通してデータにアクセスできるようになります。

このように、変数にデータが代入され、紐付けられることを「束縛(バインド)」と言います。

変数を定義する

それでは、変数を定義する方法を見ていきます。

書式

左辺に変数名、右辺に代入するデータを記述します。

変数名 = なにかしらのデータ
プログラミングで使う「=」は代入を表します

サンプル

定義した変数は、計算に使ったり、出力したりできます。

# 変数a,bを生成
a = 1
b = 2
# 変数cはaとbを足した値
c = a + b 

# 出力
print(a)
>> 1
print(b)
>> 2
print(c)
>> 3

# 計算結果を出力
print(a + b + c)
>> 6
「>>」の部分は上の行の出力結果なので、自分で試す場合はその行は消してください

複数の変数の定義

複数の変数を定義する際に、まとめて定義することが可能です。

同じ値を代入

複数の変数に同じ値を代入します。

a = b = 1

print(a)
>> 1

print(b)
>> 1

別々の値を代入

複数の変数にそれぞれ違う値を代入します。

a, b = 1, 2

print(a)
>> 1

print(b)
>> 2

動的型付け

Pythonでは、代入したデータから型を推測してくれます。

C言語では:

変数を生成する際に、型を明示的に宣言する必要があった。こうすることによって、numにはint型、つまりは整数を入れられることがわかります。

int num = 1;

Pythonでは:

変数に整数を代入すると、代入された値からint型だと推測してくれます。
※ type()は型を確認するための関数です。

num = 1 

print(type(num))
>> <class 'int'>

文字列を代入するとstr型だと推測してくれます。

value = 'Hello'

print(type(value))
>> <class 'str'>

このように、Pythonでは変数にデータを代入することで、代入したデータから型を勝手に推測してくれます。

このような型付け方法を「動的型付け」と呼びます。

【Python】データ型の種類と使い方この記事では、Pythonのデータ型の種類や使い方について解説します。Pythonには、初めから多くのデータ型が用意されていて、どの型に...

命名規則

変数名には、全ての文字や記号を使えるわけではありません。

変数名として使えるのは、以下の通りです。

  • 小文字の英字
  • 大文字の英字
  • 数字(頭文字としては使えない)
  • アンダースコア(_)
  • 日本語(主流ではない)

以下に例を記述します。

# 有効
a = 1
a1 = 2
a_b = 3
_a = 4
ご = 5
六 = 6
これは七です = 7

# エラー
1 = 1
1a = 2
1_a = 3

日本語は使った方が便利な場合もあると思いますが、残念ながらあまり使われません。また、「予約語」「組み込み関数」と同じ名前を付けてはなりません。

予約語とは

予約語とは、プログラミング言語が「その名前はこっちで使うから変数名とかに使わないでね」と定めた語句のことです。

組み込み関数とは

組み込み関数とは、最初から定義されている関数のことです。

これらと同じ名前を付けてしまうと、様々な問題を引き起こす可能性があるので気をつけましょう❗️

まとめ

この記事では、Pythonの変数について解説しました。

今回のおさらい
  • 変数とは?  = 『データが保存されている場所に付ける名前』
  • 変数の生成 = 『変数名 = データ』
  • 変数の命名規則 = 『先頭を数字、予約語、組み込み関数に気を付ける』

変数はPythonだけではなく、プログラミングにおいて基本的な概念です。もし、忘れてしまった場合は、なんども見返してしっかり覚えましょう!

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』