Python

【Python】モジュールを読み込む方法【import文の使い方】

この記事では、Pythonのimport文を使って、モジュール・パッケージ・ライブラリを読み込む方法を解説します。

それらのファイルをimport文で読み込むことによって、ファイルの機能をコード内で使うことができるようになります。

それではimport文の使い方を見ていきましょう!

モジュール・パッケージ・ライブラリ とは?

インポートを使用する前提知識として、Pythonのファイル構成について学びます。

モジュールとは?

モジュールとは、Pythonファイルのことです。
拡張子が「.py」ならばモジュールとなります。
よく使う関数や機能ごとにファイルを分割することで、可読性が高くなります。

パッケージとは?

パッケージとは、モジュールをいくつかまとめたもののことを言います。
つまり、Pythonファイルをまとめたフォルダなどがパッケージです。

ライブラリとは?

ライブラリとは、パッケージをいくつかまとめたもののことを言います。
また、モジュールやパッケージを総称してライブラリと呼ぶこともあります。

ここら辺の定義はけっこう曖昧なのであまり深く考えないように気をつけましょう!

ライブラリを読み込む方法

ライブラリを読み込むにはimport文を使います。

書式

import文は、以下のように記述します。

import ライブラリ名

サンプル

試しに、sysモジュールを読み込んで使用してみます。

import sys

for i in range(5):
    print(i)
    if i == 2:
        sys.exit()

実行結果

0
1
2

sysモジュールのexit関数は、Pythonを終了させます。

別名をつける

asを使って別名を付けることができます。

以下のコードはdatetimeモジュールに別名を付けて使用しています。

import datetime as dt

print(dt.date.today())

実行結果

2020-02-24

特定のクラスや関数のみ読み込む

fromを使ってモジュール内の特定のクラスや関数のみ読み込むことができます。

以下のコードは、datetimeモジュールのdateクラスのみを読み込んで使用しています。

from datetime import date

print(date.today())

実行結果

2020-02-24

全てをインポートする

「*(アスタリスク)」を指定することで、読み込んだモジュールに定義されている「_(アンダースコア)」以外から始まる名前のものを全てインポートできます。

from datetime import *

# date型のtoday()
print(date.today())

# datetime型のtoday()
print(datetime.today())

実行結果

2021-02-13
2021-02-13 14:54:36.684565

しかし、この書き方はあまり推奨されません。

定義済みの名前(変数やクラスなど)を上書きしてしまう恐れがあり、思わぬバグを引き起こす可能性があります。また、無駄なものを読み込むのもメモリによくありません。

まとめ

この記事では、Pythonのimport文の使い方を解説しました。

Pythonでは便利な標準モジュールやライブラリがたくさん用意されています。
ありがたく使わしてもらいましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職「DMM WEBCAMP COMMIT」
なんと転職成功率98%!
今なら3日以内のカウンセリング枠を予約&参加で「1,000円分のAmazonギフト券」をプレゼント!