Python

【Python】import文を使ってモジュールやライブラリを読み込む方法を解説

この記事では、Python の import文 を使って モジュール・パッケージ・ライブラリを読み込む方法を解説します。

それらのファイルを読み込むことによって、ファイルに記述されている関数やクラスなどを読み込み先のソースコード内で使うことができます。

Linkモジュールやパッケージやライブラリとは?

ライブラリを読み込む方法

モジュールやライブラリを読み込むには import文 を使います。

import ライブラリ名

読み込んだライブラリに定義されている機能を使うには、ライブラリ名と呼び出したい属性名を . で繋いで呼び出します。

import ライブラリ名

ライブラリ名.属性名

サンプル

試しに sysモジュール の exit()関数 を使用してみます。

import sys

for i in range(5):
    print(i)
    if i == 2:
        sys.exit()

実行結果

0
1
2

sysモジュール の exit関数 は、Python を終了させます。

特定のモジュールやクラスまたは関数のみを読み込む

from を使うことでライブラリに定義されている特定のモジュールやクラス、関数のみを読み込むことができます。

from ライブラリ import モジュールやクラス

以下のコードは、sysモジュール の exit()関数のみを読み込んでいます。その場合、ライブラリ名を指定しなくても呼び出すことができます。

from sys import exit

for i in range(5):
    print(i)
    if i == 2:
        exit()

実行結果

0
1
2

別名をつける

as を使うことで読み込んだモジュールやクラスに別名を付けることができます。

import モジュール as 別名
from ライブラリ import モジュールやクラス as 別名

以下のコードは、datetimeモジュール に dt という別名を付けて使用しています。

import datetime as dt

print(dt.date.today())

実行結果

2020-02-24

長い名前は別名を付けて短くすると楽チンです。

全てをインポートする

*(アスタリスク) を指定することで 読み込んだモジュールに定義されている _(アンダースコア)以外から始まる名前のものを全てインポートできます。

from datetime import *

# date型のtoday()
print(date.today())

# datetime型のtoday()
print(datetime.today())

実行結果

2021-02-13
2021-02-13 14:54:36.684565

しかし、この書き方はあまり推奨されません。定義済みの名前(変数やクラスなど)を上書きしてしまう恐れがあり、思わぬバグを引き起こす可能性があります。

また、使用しない機能まで読み込んでしまうので無駄にメモリを消費してしまいます。

まとめ

この記事では、Python の import文 の使い方を解説しました。

Python では便利な標準モジュールやライブラリがたくさん用意されています。ありがたく使わしてもらいましょう!

Link自作モジュールやパッケージを作って使ってみる

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ