Python

【Python】モジュールを読み込む方法【import文の使い方】

この記事では、Pythonでimport文を使って、モジュール・パッケージ・ライブラリを読み込む方法を解説します。

モジュール・パッケージ・ライブラリ とは?

インポートを使用する前提知識として、Pythonのファイル構成について学びます。

モジュールとは?

モジュールとは、Pythonファイルのことです。拡張子が「.py」ならばモジュールとなります。よく使う関数や機能ごとにファイルを分割することで、可読性が高くなります。

パッケージとは?

パッケージとは、モジュールをいくつかまとめたもののことを言います。つまり、Pythonファイルをまとめたフォルダなどがパッケージです。

ライブラリとは?

ライブラリとは、パッケージをいくつかまとめたもののことを言います。また、モジュールやパッケージを総称してライブラリと呼ぶこともあります。

ライブラリを読み込む方法

ライブラリを読み込むにはimport文を使います。

書式

import文は、以下のように記述します。

import ライブラリ名

サンプル

試しに、sysモジュールを読み込んで使用してみます。

import sys

for i in range(5):
    print(i)
    if i == 2:
        sys.exit()

実行結果

0
1
2

sysモジュールのexit関数は、Pythonを終了させます。

別名をつける

asを使って別名を付けることができます。以下のコードはdatetimeモジュールに別名を付けて使用しています。

import datetime as dt

print(dt.date.today())

実行結果

2020-02-24

特定のクラスや関数のみ読み込む

fromを使ってモジュール内の特定のクラスや関数のみ読み込むことができます。以下のコードは、datetimeモジュールのdateクラスのみを読み込んで使用しています。

from datetime import date

print(date.today())

実行結果

2020-02-24

まとめ

この記事では、Pythonのimport文の使い方を解説しました。Pythonでは便利なモジュールやライブラリがたくさん用意されています。ありがたく使わしてもらいましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

【おすすめ】Python参考書