Python

【Python】float型の数列を生成する方法

この記事では、Pythonでfloat型の数列を生成する方法を解説します。普通にrange()関数を使うだけではint型の数列しか生成することができません。float型の数列を生成するには内包表記NumPyを使います。

【Python】range関数を使って数列を生成する方法を解説この記事では、Pythonのrange関数の使い方を解説します。range関数を使うことで開始値から終了値の範囲を持ったrangeオブジェクトを生成できます。生成したrangeオブジェクトはfor文に渡すことで任意の回数だけループ処理させたりすることができます。...

内包表現を使う

float型の数列を生成するには、内包表記を使ってrange関数の値を受け取り、その値を加工して返すことで実現できます。

r = [i / 100 for i in range(90, 100, 2)]
print(r)

実行結果

[0.9, 0.92, 0.94, 0.96, 0.98]

値がブレてしまうことがあるのでround()関数を使って値を丸めることができます。

r = [round(i / 100, 2) for i in range(90, 100, 2)]
print(r)

実行結果

[0.9, 0.92, 0.94, 0.96, 0.98]
【Python】内包表記の種類と使い方を解説この記事では、Pythonの内包表記の使い方を解説します。内包表記を使うことで、単純なリストを低コストで生成することができます。また、同じ表記方法でジェネレータ式も使うことができます。それでは、内包表記の使い方を見ていきましょう!...

NumPyを使う

NumPyarange()関数を使うことでもfloat型の数列を生成することができます。

書式

import numpy as np

np.arange(start, stop, step, dtype)

サンプル

試しに、float型の数列を生成してみます。

import numpy as np

for i in np.arange(0.0, 1.0, 0.2):
    print(i)

実行結果

0.0
0.2
0.4
0.6
0.8

NumPyが使える環境ならこちらの方がとてもシンプルに実装できます。

参考numpy.arange — NumPy v1.19 Manual

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』