Python

【Python】定数とは

この記事では、Pythonの定数について解説します。

定数とは

定数とは、変化しない値のことです。

Pythonでは、定数を定義するためのキーワードが用意されていません。なので、Pythonで定数を定義するには、大文字の変数名を定義し、定数とみなします

# 消費税
TAX = 1.10

大文字で定義されている変数を見かけたら書き換えないように注意しましょう!

変化するのに定数?

先ほどのコードを見て「あれ?消費税って変化するのに定数なの?」と思われた方がいるかもしれません。

確かに消費税は変化しましたし、これからも変化するかもしれません。しかし、コード内では常に一定でなければなりません。

つまり、プログラミングでいうとこの「定数」とは、『一度定義したら処理の途中で書き換えられない値のこと』を言います。

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』