Python

【Python】コードを途中で改行する方法

この記事では、長いコードを途中で改行する方法を解説します。画面からはみ出してしまうような長いコードは、スライドしなければ確認することができないのでわかりづらい。なので、途中で改行して、画面におさまるように調節しましょう❗️

コードの改行

コードを途中で改行するには、\(バックスラッシュ)を使います。

# スライドしなければ見えないような長い処理
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12 + 13 + 14 + 15 + 16 + 17 + 18 + 19 + 20 + 21 + 22 + 23 + 24

# バックスラッシュで改行
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + 9 + 10 + 11 + 12 + \
13 + 14 + 15 + 16 + 17 + 18 + 19 + 20 + 21 + 22 + 23 + 24

# 何度でも改行できる
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 + 8 + \
9 + 10 + 11 + 12 + 13 + 14 + 15 + 16 + \
17 + 18 + 19 + 20 + 21 + 22 + 23

バックスラッシュの後ろ

バックスラッシュの後ろに文字を記述するとSyntaxErrorが発生する。空白でもエラーになってしまうので注意が必要です。

# エラー
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + \6
+ 7 + 8 + 9 + 10

# 空白が記述されているのでエラー
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + \ 
6 + 7 + 8 + 9 + 10

キリの悪い改行

キリの良い箇所で改行してしまうと、文が続いてると気付けないことがあるかもしれません。なので、あえてキリの悪い箇所で区切ることで、文が続いていることをわかりやすくできます。

# キリが良い改行
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 \
+ 6 + 7 + 8 + 9 + 10

# キリが悪い改行
result = 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + \
6 + 7 + 8 + 9 + 10

まとめ

この記事では、長いコードを途中で改行する方法を解説しました。

スライドしなければ見えないコードは、確認するのがめんどくさいだけでなく、コード自体も理解しづらくなってしまいます。

なので、1文が横に長くなりすぎないように注意しましょう❗️

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』