Python

Pythonってどんな言語なの?

この記事では、Pythonがどのような言語なのかざっくり解説します。Pythonは、AIとかWebなどに使われているイメージがありますが、一体どのようなプログラム言語なのでしょうか? 使い方を勉強する前にPythonについて知っておきましょう❗️

Pythonとは

Pythonは、1991年にオランダ出身アメリカ在住のプログラマーであるグイド・ヴァンロッサムさんによって創られたインタプリタ型のプログラミング言語です。

オープンソースなので、無料で使えて、カスタマイズも自由にすることができます。

コードの可読性を重視している言語なので、見た目がシンプルで見やすく、初心者でもとっつきやすい特徴があります。

また、「ライブラリ」と呼ばれるプログラムをまとめたものが充実しており、自分でなんか作るときに使うことで、簡単にプログラミングすることができます。

Pythonの特徴

インタプリタ言語

インタプリタとは、「ソースコードを1行1行翻訳しながら実行するプログラム」のことを言います。また、そのようなプログラムを使う言語のことを「インタプリタ言語」と呼びます。

本来プログラムを実行するには、ソースコードを「コンパイル」する必要があります。コンパイルとは、人間が書いたソースコードをパソコンが解るように翻訳し、実行ファイルを作成することを言います。

インタプリタ言語では、コンパイルの必要がないので、そのままプログラムを実行し、確認することができます。

その代わり、コンパイルする言語よりも実行速度は遅いです。「翻訳 + 実行」を同時にやるので当然ですね。

インタプリタ言語には、Pythonの他に「PHP」「JavaScript」「Rudy」などがあります。主にWebに使われる言語が多めです。

コードが簡単で見やすい

これは、C言語との比較を見てみましょう❗️

以下のコードは、C言語を使って「Hello world」を画面に出力するだけのコードを書いています。

#include <stdio.h>
 
int main(void) {
    printf('Hello world')
}

次に、Pythonのコードを見てみましょう!

print('Hello world')

とても簡単に記述できましたね。

Pythonのプログラムは、誰が書いてもだいたい同じようなコードになり、悪く言えば個性の出ない言語とも言えます。

しかし、それにより作成者以外が見ても動作が把握しやすく、チーム開発に向いている言語でもあります。

ライブラリやフレームワークが豊富

Pythonには、とても多くのライブラリやフレームワークが用意されています。

何かを開発する際に、一から作るとなると時間がかかりますが、フレームワークなどの雛形を使って開発することで、機能の開発に注力することができます。

Pythonでできること

Pythonはライブラリが豊富なので、幅広く使われています。例えば、以下のようなことに使われています。

  • 機械学習の開発
  • アプリケーションの開発
  • Webアプリケーションの開発
  • データ分析・解析

具体的な開発事例を挙げると以下のようなものがあります。

  • YouTube
  • Instagram
  • DropBox

Googleなんかでもよく使われており、実はかなり身近な言語なんですね❗️

まとめ

この記事では、Pythonについて簡単に解説しましたが、如何でしたでしょうか?

Pythonは比較的学習コストが低く、人気の高い言語です。この機会にPythonを学んであなたもプログラムの世界へ飛び込みましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』