Python

【Python】ブロック内でなにもしない時はpass文を使おう!

この記事では、Python でなにもしたくない時の書き方を解説します。

Pythonでは if文 やクラスなどのブロック内で 何も処理したくない場合に何も記述しないと構文エラー になってしまいます。

if True:
    # 何もしたくないが何も記述しないとエラー

上記のコードを実行すると SyntaxError が発生します。

なにかしらの処理を書くことが構文上要求されているけど、なにもしたくない時には pass文 を使うことでなにもしないことを表現することができます。

pass文の使い方

なにもしたくないブロック内で pass文 を記述することでエラーを回避できます。

if True:
    pass

pass文 は無視されてなにも処理しません。また、最小のクラスを作るときや関数などにも使用できます。

# 空の関数
def func():
    pass


# 空のクラス
class MyClass:
    pass

もちろん、これらの関数やクラスは呼び出すこともできます。

func()
mc = MyClass()

余談: 文字列でも可能

文字列を記述することでもエラーを回避できます。

if True:
    ''

def func():
    ''

class MyClass:
    ''

func()
mc = MyClass()

ちょっとしたメモを残しておきたい場合は、文字列を使うと便利です!

if True:
    '後で実装'

まとめ

この記事では、Pythonでなにもしたくない時の書き方について解説しました。

Pythonでは、なにもしたくない時に pass文 を使うことを覚えておきましょう!

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ