Python

【Python】なにもしない時の書き方【pass文の使い方】

この記事では、Pythonでなにもしたくない時の書き方を解説します。

Pythonでは、if文などのブロック内で何も処理したくない場合に何も記述しないと構文エラーになってしまいます。

例えば、以下のコードを見てください。

if True:
    # 何もしたくないが何も記述しないとエラー

このコードを実行するとSyntaxErrorが発生します。このように、ブロック内になにも記述しないとエラーが発生してしまいます。

なにかしらの処理を書くことが構文上要求されているけど、なにもしたくない時にはpass文を使うことでなにもしないことを表現できます。

pass文の使い方

なにもしたくないブロック内でpass文を記述することでエラーを回避できます。

if True:
    pass

pass文は無視されてなにも処理しません。また、最小のクラスを作るときや関数などにも使用できます。

# 空の関数
def func():
    pass


# 空のクラス
class MyClass:
    pass

もちろん、これらの関数やクラスは呼び出すこともできます。

func()
mc = MyClass()

余談: 文字列でも可能

文字列を記述することでもエラーを回避できます。

if True:
    ''

def func():
    ''

class MyClass:
    ''

func()
mc = MyClass()

ちょっとしたメモを残しておきたい場合は、文字列を使うと便利です!

if True:
    '後で実装'

まとめ

この記事では、Pythonでなにもしたくない時の書き方について解説しました。

Pythonでは、なにもしたくない時にpass文を使うことを覚えておきましょう!

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』