Python

【Python】if文の使い方【条件分岐】

この記事では、Pythonのif文の使い方を解説します。if文を使うことで条件によって処理を分岐させることができます。他のプログラミング言語で用いられるswitch文は、残念ながらPythonには存在しないので注意してください。

switch文の代用方法は以下を参考にしてください↓

【Python】switch文が無いので何かで代用しよう!この記事では、Pythonでswitch文を代用する方法を紹介します。 様々なプログラム言語で条件分岐として使用されているswitch...

プログラミングにとって条件分岐は、繰り返し処理と並び使用頻度が高く、とても大切な処理の1つです。この記事でしっかり学んでいきましょう!

if文の使い方

if文は以下のように記述します。

if 条件式: 
    条件式がTrueの時に処理され、Falseの場合は無視される

条件式には、比較演算子やbool値を返す関数などを指定します。

【Python】データを比較する【比較演算子】この記事では、Pythonでデータを比較する方法を解説します。プログラミングでデータを比較するには比較演算子を使います。それでは、Pyt...

サンプル

以下のコードは、「v == 0」の時にprint関数が処理され、それ以外の場合はprint関数は無視されます。

v = 0

if v == 0:
    print('vは0です')

実行結果

vは0です

このように、if文を使うことで条件式の結果によって処理を分岐させることができます。

Falseだった時の処理を追加する[if-else文]

elseを追加することで、条件式がFalseだった場合の処理を定義できます。

書式

elseは以下のように記述します。

if 条件式: 
    条件式がTrueの時に処理される(Falseの場合は処理されない)
else: 
    条件式がFalseの時に処理される(Trueの場合は処理されない)

サンプル

先ほどのサンプルコードに、条件式がFalseの時の処理を追加してみます。

v = 0

if v == 0:
    print('vは0です')
else:
    print('vは0以外です')

実行結果

 # v = 0 の場合
vは0です

# vが0以外の場合
vは0以外です

新たな条件と処理を追加する[if-elif文]

elifを追加することで条件と処理を新たに追加することができます。

書式

elifは以下のように記述します。

if 条件式1: 
    条件式1がTrueの時に処理される 
elif 条件式2: 
    条件式1がFalseで条件式2がTrueの時に処理される

elifはいくつでも定義することができますが、どこかの条件式がTrueになり処理されると、それ以降の条件式は評価されないので定義する順番には注意しましょう!

サンプル

以下のコードは、elifを使ってvの値が1の時の処理を追加しました。

v = 0

if v == 0:
    print('vは0です')
elif v == 1:
    print('vは1です')

実行結果

 # v = 0 の場合
vは0です

# v = 1の場合
vは1です

if-elif-else文

elifelseを使うことで、より複雑な条件分岐を定義することができます。

書式

if 条件式1:
    条件式1がTrueの時に処理される
elif 条件式2:
    条件式1がFalseで条件式2がTrueの時に処理される
else:
    どこにも処理されなかった場合に処理される

サンプル

先ほどのサンプルコードにelseを追加してみます。

v = 0

if v == 0:
    print('vは0です')
elif v == 1:
    print('vは1です')
else:
    print('vは0,1以外です')

実行結果

 # v = 0 の場合
vは0です

# vが1の場合
vは1です

# vが0,1以外の場合
vは0,1以外です

まとめ

この記事では、Pythonでif文を使う方法を解説しました。

今回のおさらい

以下のコードでわからない箇所があったら記事を見直してみましょう!

num = int(input('整数: '))

if num == 0: 
    print('numは0です')
elif num == 1 or num == 2:
    print('numは1か2です')
else:
    print('0,1,2以外の整数です')

実行結果

整数: 0
numは0です

整数: 1
numは1か2です

整数: 3
0,1,2以外の整数です

if文を使うとコードの幅が広がるので、色々試して遊んでみると面白いです。

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

【おすすめ】Python参考書