Python

【Python】switch文がないので何かで代用しよう!

この記事では、Pythonでswitch文を代用する方法を紹介します。実はPythonにはswitch文がありません。なので、switch文のような処理をしたい場合には、Pythonに用意されているもので工夫して代用するしかありません。それでは、switch文の代用方法を見ていきましょう!

switch文とは?

switch文は、条件分岐をするための制御構文の1つです。

例として他の言語のswitch文の定義を見てみましょう。以下のコードは、C#でのswitch文の定義方法ですが、どの言語も大体こんな感じで定義されます。

switch(変数)
{
    case 値1:
        //変数の値 == 値1の時に実行される
        なんらかの処理
        break; 
    case 値2:
        //変数の値 == 値2の時に実行される
        なんらかの処理
        break; 
          ・
          ・
          ・ 
    default:
        //変数の値がどの値とも異なる時に実行される
        なんらかの処理
        break; 
}

このようにswitch文を使うことで、見やすく条件分岐を書くことができ、多分岐の場合には、if文よりも早く処理をすることができました。

しかし、Pythonには用意されていないので、他の構文で代用するしかありません。

Pythonにswitch文がない理由

Pythonにswitch文が実装されていない理由として、公式ドキュメントには以下のように記述されています。

if… elif… elif… else の繰り返しで簡単に同じことができます。switch 文の構文に関する提案がいくつかありましたが、範囲判定をするべきか、あるいはどのようにするべきかについての合意は (まだ) 得られていません。
Python に switch や case 文がないのはなぜですか? – デザインと歴史 FAQ — Python 3.9.1 ドキュメント

つまりは、いろいろ案はあったけどとりあえず他の構文で代用できるので今のところは必要ないってことですね。

もちろん、将来的に追加される可能性は十分にあります。

switch文の代用方法

それでは、他の構文を使ってswitch文を代用する方法を見ていきましょう!

if文で代用する

公式ドキュメントに記述されていたようにif… elif… elif… elseを使うことでswitch文のように扱うことができます。

v = 2

if v == 1:
    print(1)
elif v == 2 or v == 3:
    print('2 or 3')
elif v == 4:
    print(4)
else:
    print('default')

実行結果

2 or 3

if文の詳しい使い方は以下の記事を参考にしてください。

【Python】if文を使った条件分岐の方法この記事では、Pythonのif文の使い方を解説します。if文を使うことで条件分岐することができます。条件分岐とは、条件によって処理を分岐させることを言います。それでは、if文の使い方を見ていきましょう! ...

orなどを使って条件を複数定義したせいで見た目がスッキリしない場合は、in演算子とsetを使うことで見やすく条件をまとめることができます。

v = 2

if v == 1:
    print(1)
elif v in {2, 3}:     # in演算子とsetで条件をまとめる
    print('2 or 3')
elif v == 4:
    print(4)
else:
    print('default')

実行結果

2 or 3

辞書で代用する

辞書を使うことでもswitch文を代用できます。

v = 2
d = {1: 'one', 2: 'two', 3: 'three'}

# dのkeyにvがあるかどうか
if v in d:
    r = d[v]
else:
    r = 'デフォルト'

print(r)

実行結果

two
【Python】辞書の使い方【dict】この記事では、Pythonの辞書の使い方を解説します。辞書はマップとも呼ばれ、keyとvalueの2つの値を用いて扱われます。では、辞書...

分岐時に関数を処理したいなら辞書のvalueに関数の参照を渡しておけば可能です。

def a():
    print('a関数')

def b():
    print('b関数')

# 関数a,bの参照を渡しておく
d = {1: a, 2: b}
v = 1

if v in d:
    d[v]()    # 実行
else:
    print('デフォルト')

実行結果

a関数

可変長引数を使うことで引数が異なる関数も同じように呼び出すことができます。

# 可変長引数を定義
def a(*args, **keywords):
    print('a関数')

def b(*args, **keywords):
    print(f'b関数: {args[0]}')


d = {1: a, 2: b}
v = 2

if v in d:
    d[v](v)
else:
    print('デフォルト')

実行結果

b関数: 2

このように、状況に合わせて工夫することでswitch文が無くとも実装したい処理を実現することができます。

まとめ

この記事では、Pythonでswitch文を代用する方法を解説しました。

この他にも工夫の仕方によって色々な代用方法があると思いますが、あまり奇抜なやり方は可読性を著しく下げる恐れがあるのでやめておいた方が無難です。

switch文のメリットはやはり可読性にあります。代用で分かりにくいコードを使っていたら本末転倒なので気をつけましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』