Python

【Python】三項演算子の使い方【条件式】

この記事では、Pythonの三項演算子の使い方を解説します。三項演算子を使うことで、条件分岐を1行で記述することができます。

三項演算子の使い方

三項演算子は、以下のように記述します。

変数 = (条件式がTrueの時に代入される値) if (条件式) else (条件式がFlaseの時に代入される値)

サンプル

以下のコードは、受け取った整数が奇数か偶数かを判定して出力します。

num = int(input('int: '))

if num % 2 == 0:
    text = '偶数'
else:
    text = '奇数'

print(text)

このコードを三項演算子を使って書き直すと、以下のようになります。

num = int(input('int: '))

text = '偶数' if num % 2 == 0 else '奇数'
print(text)

1行で表現できました❗️

代入しない三項演算子

三項演算子は代入しなくても問題ありません。以下のコードは、値を返さずにそのままprint()関数で出力しています。

num = int(input('int: '))

print('偶数') if num % 2 == 0 else print('奇数')

実行結果

int: 312
偶数

さらに複雑な三項演算子

以下のように記述することで、if-elif-elseを1行で表現することができます。

(条件式1がTrueの時に評価される式) if (条件式1) else (条件式1がFalseかつ条件式2がTrueの時に評価される式) if (条件式2) else (条件式1、条件式2がFalseの時に評価される式)

サンプル

以下のコードでは、numの値が1か2かそれ以外かを判定しています。

num = 1

s = 'numは1' if num == 1 else 'numは2' if num == 2 else 'numは1,2以外'
print(s)

実行結果

numは1       # num = 1
numは2       # num = 2
numは1,2以外  # num = 3

しかし、見てわかるように直感的にはわかりづらいので多用は控えましょう!

まとめ

この記事では、Pythonの三項演算子の使い方について解説しました。

三項演算子を使うことでif文を1行で記述することができます。単純なif文は、三項演算子を使って書いた方がすっきりしたコードにすることができます。

また、1行で記述しなければいけない場合(ラムダ式とか)に使用しましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』