Python

【Python】三項演算子の使い方【条件式】

この記事では、Pythonの三項演算子の使い方を解説します。三項演算子を使うことで、条件分岐を1行で記述することができます。それでは、三項演算子の使い方を見ていきましょう!

三項演算子の使い方

書式

三項演算子は以下のように記述します。

変数 = (条件式がTrueの時に代入される値) if (条件式) else (条件式がFlaseの時に代入される値)

サンプル

以下のコードは、受け取った整数が奇数か偶数かを判定して出力します。

num = int(input('int: '))

if num % 2 == 0:
    text = '偶数'
else:
    text = '奇数'

print(text)

このコードを三項演算子を使って書き直すと以下のようになります。

num = int(input('int: '))

text = '偶数' if num % 2 == 0 else '奇数'
print(text)

実行結果

int: 5
奇数

代入しない三項演算子

三項演算子は、変数に代入しなくても問題ありません。以下のコードでは値を返さずにそのままprint関数で出力しています。

num = int(input('int: '))

print('偶数') if num % 2 == 0 else print('奇数')

実行結果

int: 312
偶数

さらに複雑な三項演算子

以下のように記述することで、if-elif-elseを1行で表現することができます。

(条件式1がTrueの時に評価される式) if (条件式1) else (条件式1がFalseかつ条件式2がTrueの時に評価される式) if (条件式2) else (条件式1、条件式2がFalseの時に評価される式)

サンプル

以下のコードでは、numの値が1か2かそれ以外かを判定しています。

num = 1

s = 'numは1' if num == 1 else 'numは2' if num == 2 else 'numは1,2以外'
print(s)

実行結果

numは1  # num = 1
numは2  # num = 2
numは1,2以外  # num = 3

しかし、見てわかるように可読性が良くないので多用は控えましょう!

まとめ

この記事では、Pythonの三項演算子の使い方について解説しました。

三項演算子を使うことでif文を1行で記述することができます。なので、単純なif文は三項演算子を使って書いた方がとてもすっきりしたコードにすることができます。また、1行で記述しなければいけない場合(ラムダ式とか)に使用しましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

参考条件式 – 式 (expression) — Python 3.9.1 ドキュメント

参考PEP 308 — Conditional Expressions | Python.org

【おすすめ】Python参考書