Python

【Python】バージョンを切り替える方法【pyenv】

この記事では、Pythonのバージョンを切り替える方法を解説します。Pythonのバージョンを切り替えるには、pyenvを使うと簡単です。それでは、pyenvをインストールし、実際にバージョンを切り替えてみましょう😄

pyenvをインストールする

まずはpyenvをインストールします。

pyenvは、Homebrewを使うことで簡単にインストールできます。

【Mac】Homebrewをインストールするこの記事では、パッケージマネージャであるHomebrew(ホームブルー)をインストールする方法を解説します。Homebrewを使うことで...

ターミナルで以下のコマンドを実行し、pyenvをインストールしましょう!

brew install pyenv

パスを通す

次にパスを通してコマンドを実行できるようにします。
以下のコマンドを実行してください。

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

そして、以下のコマンドを実行して.bash_profileを適用します。

source ~/.bash_profile

これでpyenvを使う準備が整いました!

いろんなバージョンのPythonをインストールする

利用可能なバージョンの確認

まずは、インストールできるバージョンを確認します。

以下のコマンドを実行してください。

pyenv install -l

実行結果

Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  2.4.0
  2.4.1
  2.4.2
    ・
    ・
    ・

表示されたバージョンの中からインストールするものを選びます。

Pythonのインストール

それでは、お好みのバージョンのPythonをインストールしてみましょう!

インストールするには以下のコマンドを実行します。

pyenv install バージョン

ここでは、試しに3.9.0をインストールしてみます。

pyenv install 3.9.0

実行結果

python-build: use openssl@1.1 from homebrew
python-build: use readline from homebrew
Downloading Python-3.9.0.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.9.0/Python-3.9.0.tar.xz
Installing Python-3.9.0...
python-build: use readline from homebrew
python-build: use zlib from xcode sdk
Installed Python-3.9.0 to /Users/user/.pyenv/versions/3.9.0

インストールしたバージョンの一覧

versionsコマンドでインストールしているバージョンの一覧を確認することができます。

pyenv versions

実行結果

  system
  3.9.0

バージョンを切り替える

ローカルバージョンの切り替え

localコマンドを使うことで、カレントディレクトリ(現在いるディレクトリ)のバージョンを切り替えることができます。

pyenv local バージョン

グローバルバージョンの切り替え

globalコマンドを使うことで、全体のバージョンを切り替えることができます。

pyenv global バージョン

試しにバージョンを切り替えて確認してみましょう!

$ pyenv global 3.9.0
$ python -V
Python 3.9.0
$ pyenv versions
  system
* 3.9.0 (set by /Users/user/.pyenv/version)

これで様々なバージョンをインストールして、切り替えることができるようになりました!

まとめ

この記事では、pyenvを使ってPythonのバージョンを切り替える方法を解説しました。

もしエラーが発生したらエラー内容をコピペして検索してみましょう!

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』