Python

【Python】print関数でオブジェクトを出力する方法

この記事では、Pythonのprint()関数の使い方を解説します。

print()関数は、引数に指定されたオブジェクトを文字列として画面(ターミナルやコマンドプロンプト)に出力することができます。

演算結果などを確認することができるのでデバッグする際などに頻繁に使用されます。

それでは、print()関数の使い方を見ていきましょう!

print関数の書式

print()関数の書式は以下の通りです。

print(*objects, sep=' ', end='\n', file=sys.stdout, flush=False)

たくさんの引数が定義されていますが、ほとんどの引数に初期値が与えられているので基本的には無視することが可能です。

あとで詳しく解説してきますが、ここでは簡単に引数の意味を確認しておきます。

*objects 出力したいオブジェクトを指定します。複数のオブジェクトを指定することもできます。
sep 複数のオブジェクトが渡された際の区切り文字を指定できます。デフォルトは空白です。
end 末尾に出力する文字列を指定できます。デフォルトは改行文字(\n)。
file 出力先を指定できます。デフォルトは sys.stdoutで標準出力です。
flush 出力が後まわしにされてしまう場合にTrueを指定することで実行された際に出力させることができます。

それでは、具体的な使い方を見ていきましょう!

オブジェクトを出力する

*objects引数にオブジェクトを指定することで指定したオブジェクトを文字列として標準出力に表示させることができます。

# 文字列
print('あいう')        # あいう

# 整数
print(1234)          # 1234

# 浮動小数点数
print(3.1415)        # 3.1415

# リスト
print(['hoge', 10])  # ['hoge', 10]

もちろん、変数に格納された値も出力することができます。

s = 'あいう'
i = 1234
l = ['hoge', 10]

print(s)  # あいう
print(i)  # 1234
print(l)  # ['hoge', 10]

出力する際にオブジェクトを文字列に埋め込んで出力したい場合があります。そんな時はstr型のformat()メソッドを使うか、フォーマット済み文字列リテラルを使います。

num1 = 1
num2 = 2

# str.format()メソッド
print('{} + {} = {}'.format(num1, num2, num1 + num2))  # 1 + 2 = 3

# フォーマット文字列リテラル
print(f'{num1} + {num2} = {num1 + num2}')  # 1 + 2 = 3

文字列に値を埋め込む【フォーマット】

複数のオブジェクトを出力する + 区切り文字

複数のオブジェクトを出力するにはカンマ(,)区切りでオブジェクトを指定します。

print(1, 2.4, 'abc')  # 1 2.4 abc

sep引数を指定することで複数のオブジェクトを出力する際の区切り文字を設定することができます。デフォルトは空白です。

print(1, 2, 3, sep='/')   # 1/2/3
print(1, 2, 3, sep='-')   # 1-2-3
# \t = タブ文字
print(1, 2, 3, sep='\t')  # 1       2       3

末尾の文字列

end引数を指定することで出力の末尾の文字列を設定することができます。
デフォルトは改行文字(\n)です。

# 改行されない点に注意
print('あいう', end='ザマス')
print('abc', end='だべ\n')
print('123', end='!\n')

実行結果

あいうザマスabcだべ
123!

出力先の変更

file引数を指定することで出力先を変更することができます。
デフォルトはsys.stdoutです。

with open('print.txt', 'w') as f:
    # file引数にopen関数で開いたファイルを指定
    print('print関数の出力', file=f)

上記のコードを実行すると同ディレクトリ内に以下のようなprint.txtが生成されます。

このように、print()関数のfile引数を指定することでファイルにも出力することができます。

まとめ

この記事では、Pythonのprint()関数の使い方を解説しました。

print()関数を使うことでオブジェクトを出力し、デバッグするだけでなくファイルに書き込んだりすることもできます。頻繁に使うのでしっかり覚えておきましょう!

出力が見づらい場合はpprint()を使うことで整形しながら出力することができます。

pprintでリストや辞書などのデータを見やすく出力する方法

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ