Python

【Python】pprintでリストや辞書などのデータを見やすく出力する方法

この記事では、リストや辞書などのデータを見やすく出力するためのpprintモジュールの使い方を解説します。pprintモジュールのpprint()関数を使うことでデータを見やすくフォーマットしながら出力することができます。それでは、pprintの使い方を見ていきましょう❗️

通常のprint()関数の使い方は以下の記事を参照してください。

【Python】print関数でオブジェクトを出力する方法この記事では、Pythonのprint()関数の使い方を解説します。print()関数を使うことで色々なオブジェクトを文字列として画面(標準出力)に表示することができます。演算結果などを途中で確認することができ、デバッグする際に頻繁に使用されます...

pprint関数を使ってみる

pprintモジュールのpprint()関数を使って出力する前に、通常のprint()関数を使ってどのように出力されるか確認してみましょう!

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

print(data)

実行結果

[{'name': '加藤 学', 'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

めちゃくちゃ横長に出力されて見辛いですね。

では次にpprintモジュールのpprint()関数を使って出力してみます。

import pprint

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

pprint.pprint(data)

実行結果

[{'age': 42, 'name': '加藤 学', 'physique': (186.5, 89.2)},
 {'age': 26, 'name': '佐藤 めぐみ', 'physique': (154.2, 42.8)},
 {'age': 18, 'name': '原田 誠', 'physique': (171.8, 61.4)}]

上記のように改行されて見やすく出力されました。

改行される箇所はwidth引数の値によって変わります(後述)

インデントを指定する

indent引数を指定することで、インデントを変更することができます。

import pprint

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

pprint.pprint(data, indent=4)

実行結果

[   {'age': 42, 'name': '加藤 学', 'physique': (186.5, 89.2)},
    {'age': 26, 'name': '佐藤 めぐみ', 'physique': (154.2, 42.8)},
    {'age': 18, 'name': '原田 誠', 'physique': (171.8, 61.4)}]

改行するまでの文字数を指定する

width引数を指定することで改行されるまでの文字数を指定することができる。デフォルト値は80です。

import pprint

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

pprint.pprint(data, width=30)

実行結果

[{'age': 42,
  'name': '加藤 学',
  'physique': (186.5, 89.2)},
 {'age': 26,
  'name': '佐藤 めぐみ',
  'physique': (154.2, 42.8)},
 {'age': 18,
  'name': '原田 誠',
  'physique': (171.8, 61.4)}]

出力するデータよりも大きなwidthを指定すると改行されない。

import pprint

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

pprint.pprint(data, width=180)

実行結果

[{'age': 42, 'name': '加藤 学', 'physique': (186.5, 89.2)}, {'age': 26, 'name': '佐藤 めぐみ', 'physique': (154.2, 42.8)}, {'age': 18, 'name': '原田 誠', 'physique': (171.8, 61.4)}]

改行は以下のような箇所で行われる。

  • リストや辞書の要素ごと
  • 文字列の単語ごと

width引数で指定した文字数以上になった次の箇所で改行が行われる。

また、リストなどはwidth引数に収まらない場合、全ての要素が改行されて出力されますが、compact引数をTrueに指定することで幅に収まるだけ要素が詰め込まれて出力されます。

l = list(range(10))
pprint.pprint(l, width=9)
pprint.pprint(l, width=9, compact=True)

実行結果

[0,
 1,
 2,
 3,
 4,
 5,
 6,
 7,
 8,
 9]
[0, 1, 2,
 3, 4, 5,
 6, 7, 8,
 9]

出力する深さを指定する

depth引数を指定することでネストされた要素をどこまで表示させるかを指定することができます。省略された部分は...で表示されます。

import pprint

data = [{'name': '加藤 学',  'age': 42, 'physique': (186.5, 89.2)}, 
        {'name': '佐藤 めぐみ', 'age': 26, 'physique': (154.2, 42.8)}, 
        {'name': '原田 誠', 'age': 18, 'physique': (171.8, 61.4)}]

pprint.pprint(data, depth=2)

実行結果

[{'age': 42, 'name': '加藤 学', 'physique': (...)},
 {'age': 26, 'name': '佐藤 めぐみ', 'physique': (...)},
 {'age': 18, 'name': '原田 誠', 'physique': (...)}]

辞書を挿入順で出力する

sort_dicts引数をFalseに指定することで辞書を挿入順で出力させることができます。デフォルトはTrueになっていてkeyでソートされた状態で表示されます。

d = {'b': 1, 'a': 2, 'c': 3} 
pprint.pprint(d, sort_dicts=False)
pprint.pprint(d)

実行結果

{'b': 1, 'a': 2, 'c': 3}
{'a': 2, 'b': 1, 'c': 3}
最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』