C言語

【C言語】main() について

この記事では、C言語の int main() について解説します。

以下のようなソースコードをよく見かけると思います。

main.c

#include <stdio.h>

int main(){

    printf("Hello World\n");
    
}

これは Hello World を出力するだけのソースコードです。
実行すると以下のような感じ。

コマンドライン

gcc main.c -o main
./main または main.exe
Hello World

ではこのソースコードの中で int main() は何をしているのか見ていきます。

まず、main() が起点となってプログラムが実行されます。C言語では最初に main() が実行されるお約束になっています。

main(){} の間に書かれている内容が上から順に実行されていきます。

#include <stdio.h>

int main(){

    // 実行したいことを書く

}

そして {} を抜ける、または return が実行されることでプログラムが終了します。 return については今は深く考えないようにしましょう!

もし、以下のようなコードがあったら return の下に処理を書いても実行されないことだけは覚えておきましょう!

#include <stdio.h>

int main(){

    return 0;

    // return の後に書いても実行されない
    printf("Hello World\n");

}

このように main() は、

C言語でプログラムの始まりと終わりを司るもの

ということを覚えておきましょうw

ちなみに、全ての処理を直接 main() に書いてしまうとめちゃくちゃ長くなってしまうので、関数(処理をまとめたもの)などを main() の外で定義して呼び出したりします。

先ほど Hello World を出力するために使用した printf() も関数です。() の中に指定した文字列をターミナルやコマンドプロンプトに出力してくれます。

C言語おすすめ参考書
MMGames (著), 秀和システム(出版)
中山 清喬 (著), 株式会社フレアリンク (著)