C言語

【C言語】余り(剰余)を求める方法を解説

この記事では、C言語で余りを求める方法を解説します。

余りを求めることで奇遇を判別したり、秒を分に変換したりすることができます。

それでは、余りの求め方と使い方を見ていきましょう!

余りを求める方法

C言語、および C++ で余りを求めるには % 演算子を使います。

余り = 整数1 % 整数2

以下のコードでは、3 を 2 で割った際の余りを求めています。

#include

int main(void){

    int x = 3;
    int y = 2;
    int r = x % y;

    printf("%d\n",r); 
}

実行結果

1
% 演算子では整数にのみ使用可能

小数点以下の余り

float型などの浮動小数点数の割り算の余りは math.hfmod() 関数を使って求めることができます。

#include
#include

int main(void){

    float x = 3.9;
    float y = 2.4;
    float r = fmod(x, y);

    printf("%f\n",r); 
}

実行結果

1.5

まとめ

この記事では、C言語やC++ で余りを求める方法を解説しました。

余りを使うことで奇遇を判別できたり、意外と使う場面があります。

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ