Python

【Python】pipの使い方【パッケージ管理】

Pythonのパッケージ管理システムであるpipの使い方を解説します。pipを使うことでパッケージをインストール、アップデート、アンインストールすることができます。それでは、pipの使い方を見ていきましょう!

pipをインストールしてない方は、以下の記事を参考にインストールしてね☺️

【Python】pipのインストール【Mac/Windows】この記事では、pipをインストールする方法を解説します。pipは、Python2.7.9、またはPython3.4以上のバージョンでは元からインストールされるようになっています。それ以下のバージョンを使用する場合は、自分でpipをインストールする必要があります。...

pip

pipコマンドには、「pip2」コマンドと「pip3」コマンドがあります。

pip2 Python2で使用されるパッケージを管理するコマンド
pip3 Python3で使用されるパッケージを管理するコマンド
pip 対応付けられているPythonで使用するパッケージを管理するコマンド

使い方はどのコマンドも同じで、2系と3系が混在する環境で使われます。

pipのコマンド一覧

pipには、以下のようなコマンドが用意されています。

pip install パッケージのインストール
pip show インストール済みのパッケージの詳細確認
pip list インストール済みのパッケージ一覧確認
pip –upgrade, pip -U パッケージのアップデート
pip uninstall パッケージのアンインストール

パッケージのインストール

パッケージをインストールするにはpip installを使います。

$ pip install パッケージ名

一度に複数のパッケージをインストールすることもできます。

$ pip install パッケージ名1 パッケージ名2 ...

また、インストールするパッケージのバージョンを指定することもできます。

$ pip install パッケージ名==バージョン
PyPIに登録されているパッケージは名前を指定するだけで簡単にインストールできる

サンプル

試しに、「NumPy」をインストールしてみます。

$ pip install numpy
Collecting numpy
  Downloading numpy-1.19.4-cp39-cp39-macosx_10_9_x86_64.whl (15.4 MB)
     |████████████████████████████████| 15.4 MB 3.7 MB/s 
Installing collected packages: numpy
Successfully installed numpy-1.19.4

GitHubからインストール

GitHubのレポジトリからインストールするには以下のように記述します。

$ pip install git+レポジトリのURL

もし、できない場合はgitがインストールされていない可能性があります。

LinkGit – Gitのインストール

レポジトリのURLを取得するには、インストールしたいGitHubのページを開き「Code」をクリックします。

すると、以下のようにURLが表示されるのでコピーして使用しましょう!

パッケージの詳細確認

pip showで、インストールされているパッケージの詳細を確認することができます。

$ pip show パッケージ名

サンプル

先ほどインストールした「NumPy」を確認してみます。

$ pip show numpy
Name: numpy
Version: 1.19.4
Summary: NumPy is the fundamental package for array computing with Python.
Home-page: https://www.numpy.org
Author: Travis E. Oliphant et al.
Author-email: None
License: BSD
Location: /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages
Requires: 
Required-by: 

パッケージ一覧

pip listで、インストールしたパッケージの一覧を確認することができます。

$ pip list

サンプル

試しにインストールされているパッケージを確認してみます。

$ pip list
Package           Version
----------------- -------
astroid           2.4.2
isort             5.6.4
lazy-object-proxy 1.4.3
mccabe            0.6.1
numpy             1.19.4
pip               20.3.3
pylint            2.6.0
setuptools        49.2.1
six               1.15.0
toml              0.10.2
wrapt             1.12.1

パッケージのアップデート

パッケージをアップデートするには、以下のコマンドを使います。

$ pip install --upgrade パッケージ名
$ pip install -U パッケージ名

サンプル

先ほどpipを使っていたら、以下のような警告文が表示されました。

WARNING: You are using pip version 20.2.3; however, version 20.3.3 is available.
You should consider upgrading via the '/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/bin/python3.9 -m pip install --upgrade pip' command.

この警告文は、最新版のpipを使っていないことに対して発しられています。なので、pipをアップデートしてみます。

$ pip install --upgrade pip
Collecting pip
  Using cached pip-20.3.3-py2.py3-none-any.whl (1.5 MB)
Installing collected packages: pip
  Attempting uninstall: pip
    Found existing installation: pip 20.2.3
    Uninstalling pip-20.2.3:
      Successfully uninstalled pip-20.2.3
Successfully installed pip-20.3.3

これで警告が表示されなくなりました。

pipでは、何か問題があると警告文で知らせてくれます。そして、添えられたコマンドを実行することで、だいたいの問題は解決できます。

パッケージのアンインストール

パッケージをアンインストールするには、pip uninstallを使います。

$ pip uninstall パッケージ名

一度に複数のパッケージをアンインストールすることもできます。

$ pip uninstall パッケージ名1 パッケージ名2 ...

アンイストールを実行すると、一度処理が止まってproceed (y/n)?と表示されます。これは最終確認なので処理を続行する場合は「y」と入力してから「Enter」を押しましょう!

サンプル

先ほどインストールした「NumPy」をアンイストールして確認してみましょう。まずは、アンインストールします。

$ pip uninstall numpy
Found existing installation: numpy 1.19.4
Uninstalling numpy-1.19.4:
  Would remove:
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/bin/f2py
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/bin/f2py3
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/bin/f2py3.9
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages/numpy-1.19.4.dist-info/*
    /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.9/lib/python3.9/site-packages/numpy/*
Proceed (y/n)? y
  Successfully uninstalled numpy-1.19.4

次に、パッケージ一覧でNumpyがアンインストールされたか確認してみます。

$ pip list
Package           Version
----------------- -------
astroid           2.4.2
isort             5.6.4
lazy-object-proxy 1.4.3
mccabe            0.6.1
pip               20.3.3
pylint            2.6.0
setuptools        49.2.1
six               1.15.0
toml              0.10.2
wrapt             1.12.1

numpyのアンインストールを確認できました!

まとめ

この記事では、Pythonのpipの使い方を解説しました。

pipを使うことで簡単にパッケージを管理することができます。

それでは今回の内容はここまでです!ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ

最短3か月でエンジニア転職『DMM WEBCAMP COMMIT』