Python

【Python】数値型の演算と演算子一覧

この記事では、Python の数値型の演算と演算子一覧を解説します。

ビット演算については以下の記事を参照してください。

ビット演算と演算子一覧

四則演算

Python で四則演算をするには以下のような記号を使います。

+ 演算子 足し算
- 演算子 引き算
* 演算子 掛け算
/ 演算子 割り算

では、実際に四則演算をしてみましょう!

足し算(和): +

+ 演算子を使うことで 和 を求めることができます。

# 整数
print(2 + 3)

# 浮動小数点数
print(2.0 + 3.5)

# 複素数
print((3 + 1j) + (2 + 10j))

実行結果

5
5.5
(5+11j)

引き算(差): -

- 演算子を使うことで 差 を求めることができます。

# 整数
print(2 - 3)

# 浮動小数点数
print(2.0 - 3.5)

# 複素数
print((3 + 1j) - (2 + 10j))

実行結果

-1
-1.5
(1-9j)

掛け算(積): *

* 演算子を使うことで 積 を求めることができます。

# 整数
print(2 * 3)

# 浮動小数点数
print(2.0 * 3.5)

# 複素数
print((3 + 1j) * (2 + 10j))

実行結果

6
7.0
(-4+32j)

割り算(商): /

/ 演算子を使うことで 商 を求めることができます。

# 整数
print(2 / 3)

# 浮動小数点数
print(2.0 / 3.5)

# 複素数
print((3 + 1j) / (2 + 10j))

実行結果

0.6666666666666666
0.5714285714285714
(0.15384615384615385-0.2692307692307692j)
商は必ず浮動小数点数になるので整数型を扱う際には注意

特殊な演算

普段あまり使わないような演算も用意されています。

// 演算子 切り捨て商
% 演算子 余り(余剰)
** 演算子 べき乗

切り捨て商: //

// 演算子を使うことで 切り捨て商 を求めることができます。

# 整数
print(3 // 2)

# 浮動小数点数
print(2.0 // 3.5)

実行結果

1
0.0
complex型 では使えない

余り(剰余): %

% 演算子を使うことで 剰余 を求めることができます。

# 整数
print(3 % 2)

# 浮動小数点数
print(2.0 % 3.5)

実行結果

1
2.0
complex型 では使えない

べき乗: **

** 演算子を使うことで べき乗 を求めることができる。

# 整数
print(3 ** 2)

# 浮動小数点数
print(2.0 ** 0.5)

# 複素数
print((1 + 1j) ** (2j))

実行結果

9
1.4142135623730951
(0.15990905692806806+0.13282699942462056j)

優先順位

演算子の優先順位は普段使っているものと同じです。

print(2 + 3 * 4)

実行結果

14

() で囲むことで優先的に演算することができます。

print((2 + 3) * 4)

実行結果

20

代入演算

代入演算は、代入と演算をまとめて行う方法です。

代入演算 意味
x += y x = x + y
x -= y x = x - y
x *= y x = x * y
x /= y x = x / y
x %= y x = x % y
x **= y x = x ** y
x //= y x = x // y

演算結果を変数に代入する場合は、代入演算の方が簡潔に記述することができます。

# 通常の演算
a = 1
a = a + 2
print(a)  # 3

# 代入演算
a = 1
a += 2
print(a)  # 3

まとめ

この記事では、Python の演算と演算子について解説しました。

概ね普段と同じように使える演算子ばかりなので理解しやすかったと思います。

Python...というよりプログラミング言語には、通常の演算子の他に 値を比べるための演算子なんかも用意されています。

データを比較する方法【比較演算子】

それでは今回の内容はここまでです。ではまたどこかで〜( ・∀・)ノ