C言語

【C言語】レジスタ変数

この記事では、C言語のレジスタ変数について解説します。

レジスタ変数は、レジスタというめちゃくちゃ高速なメモリに値を保存します。そうすることで変数へのアクセスが高速化されます。

つまり、よく使う変数をレジスタ変数にすることで処理時間を短縮することができます。

それでは、使い方を見ていきましょう!

レジスタ変数の使い方

レジスタ変数は、変数宣言時に register指定子 を指定して宣言します。

register データ型 変数名;

もちろん、初期化することもできます。

register データ型 変数名 = 初期値;

サンプル

以下のコードは、レジスタ変数を初期化して出力するだけのサンプルです。

#include <stdio.h>

int main() {

    register int num = 10;

    printf("レジスタ変数: %d\n", num);

}

実行結果

レジスタ変数: 10
  • レジスタのサイズなどはコンピューターに依存する
  • アドレスを取得できない
  • 現在はあまり使われない
C言語おすすめ参考書
MMGames (著), 秀和システム(出版)
中山 清喬 (著), 株式会社フレアリンク (著)